紅ミュージアム常設展示図録

  • 3,000円(税込3,300円)
紅ミュージアムの常設展示の解説文と資料図版約400点を収録。

第1部「紅を知る」では、原料紅花の流通と市場取引、紅(べに)の製造工程、産育儀礼や魔除けの習俗などにみられる紅の使用について紹介します。

第2部「化粧の歩み」では、江戸時代以降に重点をおき、日本の化粧の歴史を振り返ります。様式美を重視した江戸時代の化粧が、新時代の到来によって変容し、進展していった様子を当時の資料と共にわかりやすく解説。さらに、紅猪口からリップスティックへ、紅の移り変わりをまとめた貴重な1冊です。


販売価格:¥3,000(税込¥3,300)
発行年:2021年
ページ数:全カラー106ページ
サイズ:A4
※本品は2冊(他の図録でも可)まで、レターパック(送料:税込¥370)にてお届けが可能です。





← 図録・ミュージアムグッズ一覧へ    次の図録 →
上部へ戻る